poco a pocoとは

皆さま、はじめまして。poco a pocoは、特定非営利活動法人あした場が運営する児童発達支援です。

2019年4月に東京の下町、荒川区にオープンしました。

poco a pocoの管理者自身が我が子の療育で悩み、戸惑い、迷った経験から

同じように困っている地域の子どもたちや家族の力になりたいと一念発起し立ち上げました。

 

子ども達に、必要な療育を。適切な支援を。

 

      保育士・児童指導員・作業療法士・言語聴覚士・音楽療法士・臨床発達心理士・社会福祉士などによる専門的な支援を、             地域で提供できる場を作りました。


poco a pocoの由来

「poco a poco」という名前は、『すこしずつ』という意味のイタリア語が由来です。

お子様の成長・発達はとても個人差が大きいものですが、それらは全て毎日の小さな変化の積み重ねです。

私たちpoco a pocoのスタッフが、お子様とご家族様に寄り添い、必要に応じて地域の皆様と連携をとり、小さな変化を大切に、すこしずつ明日へ向かっていきたいという思いが込められています。

 

療育を必要とするお子様(0歳~就学前)に対し、保育士・児童指導員・作業療法士・言語聴覚士・音楽療法士・臨床発達心理士・社会福祉士などの専門職が連携して

「先天性疾患・脳性麻痺等があるお子様に対する機能訓練」や

「自閉症・発達障害など心身の発達に課題のあるお子様に対する集団療育や個別療育」などを行っています。

 

 



私達が目指しているもの

地域の全てのお子様たちに専門的な療育を!

 

 

現在、民間の療育施設はまだまだ不足しています。専門的な療育を受けたいと思っても、地域で作業療法士・言語聴覚士、音楽療法士等とかかわることのできる施設は限られており、療育を必要としていても通うことが出来ないお子様がいる状況です。

 

専門的な療育を行う施設は週末はお休みのところが多く、保護者様がお仕事をされている場合には療育を続けることがとても難しくなります。

 

poco a poco では保護者様がお仕事を続けながらお子様に療育を受けさせることが出来るように、(※)保育園や幼稚園への送迎を行っています。

 

 

大人が話し合い、協力して子供達の居場所を確保すればどの子も無限に挑戦していけるのではないでしょうか。

 

荒川区に根付く一事業所として、療育を必要とする全ての親子を地域で支え、地域で育てる環境づくりに貢献するべく研鑽を重ねていきます。

 

 

poco a poco では以下のような保護者様の方々の想いをかなえたいと考えています。

 

 ・乳幼児期に診断を受けたが何をすればいいかわからず不安

 ・同じ思いを抱える地域のママ・パパさんと知り合いたい

 ・保護者様が働いているため、平日の療育を諦めている

 ・遠くの病院ではなく地域で訓練を受けさせたい

 

東京都荒川区、その他近隣区の皆さまお気軽にお問合せください。

 

(※)送迎に関しましては安全確保のため、シートベルトの着用及び着席が可能なお子様に限らせて頂いております。 また、車両が1台しかないため、送迎希望のお子様が多数いらっしゃる場合には移動支援をご利用頂くなど、ご協力をお願いしております。