プログラム紹介

※プログラム内容(上記表)はお子様に合わせて調整しますので、ご相談ください。

※原則、ご利用時にはご家族様の付き添いをお願いしております。ただし、お仕事のご都合などで付き添いが難しい方については保育園や幼稚園への送迎も可能ですので、ご相談ください。(送迎は、時間帯や車の座席数などに限りがあるため、ご希望に添えないこともあります)。

※水曜日のみ、午後も音楽療育を実施しております。

※医療的ケアのあるお子さんの療育も行っております。(看護師を現在募集中につき保護者の方同伴でご利用が可能です)

 必要に応じて医師の指示書をいただく場合がございます。


個別療育・集団療育

時間は40分~1時間程度、体調や疲れ具合を見て無理のない範囲で実施します。

個別活動は、先生との一対一での活動でお子様に必要な療育をじっくりと取り組みます。

集団活動では、グループを作り集団で生活していくための練習を行います。

 連絡帳にてその日の様子をご案内していますが、付き添いができないご家族様にはより詳しく様子をお伝えするために、療法士が面談のお時間をおとりします。poco a pocoスタッフはご家族、保育園や幼稚園の先生方、その他の関係機関の方々とともに子ども達にとってよりよい環境を作っていきたいと考えています。

お気軽にご相談ください。

音楽療法

音楽療法は、集団で楽器を演奏する楽しみや、歌や楽器遊びを通して他者とのやりとりを行うことで、コミュニケーション能力の向上や社会性の獲得に繋がり、模倣や立つ・座るなどの姿勢を保つ練習を行うこともできます。また「できた!」「楽しい!」を感じることで自己肯定感をもてるように導き、自信に繋げていきます。このように音楽を使って、心と身体の両方にアプローチを行います。

実際に音楽療法を継続することによって、席から離れてしまうお子さんが椅子に座って落ち着いて活動できるようになったり、楽器の貸し借りなどのやりとりができるようになったお子さん達がいます。また身体を動かすのが苦手でも、楽器に手を伸ばしたり、握る練習ができるお子さんなどもいます。

 以上のように音楽療法には様々な効果があります。ぜひ音楽療法士と一緒に、五感を使って楽しい時間を過ごしましょう!

 


マカトン クラス

マカトン法では、言葉による語りかけ・動作によるサイン・絵を使ったシンボルの三つを同時に用いることを基本としてコミュニケーションを行います。

サインやシンボルでお子さんからの発信が可能となるため、理解言語にくらべて表出言語に問題のある場合には特に効果的と言われています。
サインを表現することが難しくても、シンボル(絵)を使ってコミュニケーションを取ることが出来ることが、ベビーサインなどに比べて特徴的です。

poco a pocoで行うマカトンクラスでは、日常的に使用頻度の多い言葉について、サインやシンボルを学んでいきます。

インソール作成

どんな靴を履いたらよいのか、靴のサイズはどれくらいがよいのか、歩き方がなんとなく気になる…等、お子様の足、歩行についてご心配をされている保護者の方も多いと思います。

Poco a pocoでは、理学療法士が靴の悩み相談、インソールの作成を行います。インソールの作成費用は材料費実費でお子様1100(税込み)、ご希望であれば保護者の方など大人のインソール作成もお引き受けいたします(3300円税込)。相談だけでも構いませんので、お気軽にお声がけください。


※マカトンクラス・インソールクラスに関しては、曜日等定めていません。

適宜開催していきますので希望される方は、ご相談ください。